ベジママは妊娠中には飲むな!授乳中にはGood!安全性も大丈夫

 ベジママの悪い口コミと総評の記事でもお伝えしましたが、ベジママは匂いと味が個性的。

あえて「個性的」と、まるで問題児の通信簿を書く小学校の先生みたいな表現をしてしまいましたが、決して全員がNGと答えたわけではないんですね。

無臭ではないぶん、匂いが気になってしまう方もいる、でも気にならない人もいる、そんなイメージです。

で。

妊娠中だと、日に日に体調が悪くなり、つわりの時などは料理中の匂いでさえアウトになる日が増えます。

だからマトモに食事を摂れないぶん、葉酸サプリなんかで栄養素をカバーするわけで。

よって、ベジママは、匂いに敏感な妊娠中はお薦めできないわけです。

ニオイが気にならないよーって方は良いとも思うんですが、ベジママにはもう1個弱点があるんですね。

それは、

  1. 鉄分
  2. 亜鉛
  3. カルシウム

この3つの成分が(ほとんど)含まれていないことです。

理由としては、ベジママは妊娠前に飲むことを前提としているので、ふだんの食事で問題なく摂取できる成分まで無理に詰め込まず、過剰摂取やコストアップをしないように配慮したからです。

「妊活サプリ」というだけありますよね。

実際コスパも高くなっているので、むしろありがたい配慮だと感じる女性が多いはずです。

亜鉛も鉄分もカルシウムも、身近な食材でまかなえますからね。

妊娠前であれば食事もマトモに摂れるわけです。

一方で授乳中はというと。
  1. 母乳の出が良くない
  2. 産後抜け毛が気になる
  3. 冷え性だ

こんな3つの母乳育児の悩みに人気なのが

  1. 葉酸
  2. ルイボス

の2つの成分です。

これはベジママに限らず人気なものなので、産後ママにルイボスティーが流行っていたり、葉酸サプリの服用を妊娠中から推奨されたりするんです。

母乳って血液から作られますよね?

 

だから、単に血液のもとになる鉄分をとるだけではダメなんです。

その血液の質を高めないといけません。

そこで葉酸をはじめ、ベジママのビタミン群を摂取することで、母乳の出や栄養価を高めることができます。

ベジママは母乳の質を高めて、母乳育児を強力サポートしてくれるんですねー。

また、産後抜け毛を予防するのに、ビタミン群やルイボスに含まれる亜鉛が活躍してくれます。

もちろん育毛サプリなど、髪の毛専門サプリほどの効果は期待できませんが、なにより優先すべき赤ちゃんのための母乳の質を高めつつ、ある程度は頭髪にも良い栄養を届けてあげたい。

そして少しでも抜け毛を防ぎたい。

そんな授乳ママのわがままを叶えてくれるのがベジママというわけです( ´∀`)bグッ!

男性(夫)もベジママを飲むべき?夫婦で飲む3つのメリット

奥様だけでなく、旦那様も飲んだ方が良い理由は次の3つです。

  1. 奇形児の出産率を抑えられる!
  2. 血糖値を下げてED予防!
  3. 精子の質が上がる!

これら3つのメリットは、ベジママに含まれる3つの成分が関係しています。

まず、精子の中には元々1~4%ほどの染色体の異常があります。

この染色体異常が、いわゆる胎児の奇形を引き起こすとされているんですね。

国内外の研究で、葉酸を摂取した方が、この染色体異常が下がることがわかっています。

ただし、葉酸なら何でも良いのではなく、厚生労働省も推奨している「モノグルタミン酸型葉酸」(天然ではなく合成葉酸)でないといけません。

ベジママもこの合成葉酸を含んでいるので、妻が妊娠する前に夫がベジママを摂取することで精子の質がよくなり、より健康な子供を授かりやすくなるわけです。

次に、「ピニトール」という乳幼児のミルクなどにも含まれる安全な栄養素です。

ピニトールは尿酸値や血糖値を下げるはたらきがあるので、血液がドロドロからサラサラになりやすく、ふだん乱れがちなサラリーマンの食生活を支えてくれるんです。

ということはですよ?

血液がサラサラに近づくので、海綿体に流れる血液も良くなり、ペニスが正常に勃起するなど、ED予防に一役買ってくれるうれしい成分なわけです。

ピニトールは東京医科歯科大学の藤田紘一郎教授も推奨しており、女性の不妊(PCOS)や便秘にも効果があるとされているので、夫婦2人にうれしい成分なんですよね~。

最後に亜鉛です。

よくED予防や精力剤サプリメントの商品の宣伝に「亜鉛たっぷり!」なんてうたわれていますが、それくらい精子の質を高めるために注目されているのが亜鉛なのです。

 

アメリカの研究では、精液中の亜鉛の濃度が低下すると、精子の数が減少するだけでなく、精子の運動量も少なくなり、反対に亜鉛の濃度が高まると精子の数は増え、精子の運動量も増すことが確認されています。

引用元:すっぴんクリニック「精子と亜鉛の関係」

 

また、意外と知られていませんが、女性の膣内に射精した後、その精子が卵子の中に侵入するには亜鉛が無いと無理なんです。

精子に含まれる亜鉛が生み出す「酵素」が、卵子の皮膜を溶かしてくれるから、着床した精子はその後、中まで入っていけるのです。

亜鉛には、

  1. 精子の成分同士を結びつける
  2. 精子を卵子の中に侵入させてくれる

こんなうれしい働きがあるからこそ、「セックスミネラル」と呼ばれるほど重宝されているのです。

ただし、妊娠前ならふだんの食事で亜鉛を摂取できるため、ベジママにはあまり亜鉛が含まれておりません。

そのため、亜鉛に目をつけるよりは、

  1. 葉酸
  2. ピニトール

この2つが他の葉酸サプリと比べても豊富に配合されていることに着目して、購入を検討すると良いですね( ´∀`)bグッ!

ベジママの原材料・全成分表示を確認したい方はこちら

ピニトール、還元麦芽糖水飴、ルイボス茶抽出物(デキストリン、ルイボス茶エキス).
アイスプラント末、デキストリン、ビタミンE含有植物油、マンガン含有酵母、結晶セルロース、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB6、ステアリン酸Ca,ビタミンB2、パントテン酸Ca、葉酸、ビタミンB12

 引用元:http://vegestory.jp/(公式サイト)

ベジママを飲むと、下痢や吐き気をもよおす副作用があるってホント?

いいえ、その心配はいりません。

ベジママにはビタミンCが含まれています。

ビタミンCは便秘の原因でもある活性酸素を抑制してくれる効果があるものの、過剰摂取してしまうと下痢を引き起こす成分と指摘されています。

でも、本当にベジママを飲むと下痢のリスクがあるんでしょうか?

 

ビタミンCの過剰症状

通常の食品に含まれる量(1000mg以下)では、過剰症の症状は特には認められていません。

必要以上に摂取した場合も、尿中に排泄されます。

しかし、極端に大量のビタミンCを摂った場合、吐き気・下痢・腹痛などが報告されています。

これらの症状は、取り過ぎるのを止めれば収まります。

 引用元:All About「意外と知らない!ビタミンCの基礎知識」

 

1千ミリグラムより多く、一度にビタミンCを摂取してしまうと、人によっては下痢などの副作用を引き起こす可能性があるわけです。

良いですか?超えちゃダメなラインは1千ミリグラムです。

 

ではベジママのビタミンC含有量はというと・・・

安全な80ミリグラムです!!

下痢を引き起こすリスクがあるとされるビタミンCの量の約0.8%しか無いわけです。

 

これで下痢の副作用があるなんていうのは、100点満点中のテストで60点が赤点のボーダーラインなのに、普段から8点しか取れない落ちこぼれ学生が「もし満点取っちゃったら親に何て自慢しよう」みたいに叶わない妄想をするようなものです。

ご安心ください( -`ω-)b

ベジママのルイボス成分って体にイイの?

はい、

  1. 便秘
  2. PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)

この2つに効果があるとされています。

『誰が効果があると言っているの?』

などと気になるところですが、

  • 東京医科歯科大学教授の藤田紘一郎先生
  • Wikipedia

このお二方がソースです。

他のページに「便秘」と「PCOS」への影響のメカニズムについて詳しく解説した項目がありますので、さらに詳細が気になる方はぜひご覧下さいm(_ _)m

ベジママを飲んだ後、尿が黄色いって口コミが多いんですけど?

ベジママの口コミを見ていると、おしっこが黄色くなったっていう口コミが多くて、

『これ、何かの副作用かしら?大丈夫なの?』

と不安になる方もいるようですね。

でも、安心してください。これはむしろ朗報なんです。

 

尿の色が鮮やかな黄色になったけど大丈夫?

ビタミンB群が多く配合されたサプリメントを摂取すると、尿の色が鮮やかな黄色になります。

鮮やかな黄色は、通常、摂取後数時間継続します。

尿が黄色になったことで、体内のビタミンB群が充足している目安になりますよ。

引用元:医療法人社団 満岡内科・循環器クリニック「サプリメントのQ&A」

 

ベジママにはビタミンB群、とりたてて

  • 葉酸の吸収をよくする
  • 貧血予防

に役立つビタミンB12が豊富にふくまれています。

そのため、ベジママ摂取から数時間は尿の色が黄色に変わるわけですね。

いつもより色が濃くて、ビックリされるかも知れませんが、むしろ身体が喜んでいる証拠なので、ご安心下さい。

いつまで飲めば良い?妊娠後もベジママを飲み続けるべき?

「妊活サプリ」というくらいだから、いざ身ごもったら、中断して良いのかな?

なんて疑問が出ると思います。

妊娠してからの体調サポートは、ほかの葉酸サプリの方が、より妊娠中の母体に配慮されてるんじゃないかな~なんて考えちゃいますよね。

で!

他のサイトでは「妊娠してからでも飲みましょうねー葉酸入ってるしー」とか書いてるわけなんですが。

妊娠後はベジママじゃない葉酸サプリに変えてください!

私はベジママを押し売りしたいわけじゃないので、聞いてもらえると嬉しいです。

ベジママには、「鉄分」が入ってないんですよ。

鉄分は貧血にならないようにする大切な成分です。

ただし、ベジママでは

「ふだんの食事から摂取できる成分までアレコレ詰め込むのは決して良いとは言えない」

という説明をしています。

これは確かにそうで、食事でとれるものまでサプリに頼ると、実は自律神経に支障をきたすことも。

あるいはその成分を確保するために値段が上がることもあるので、消費者目線で考えると、ベジママのおっしゃっていることはごもっともなんです。

でも!

それはあくまで、「妊娠する前の、食事がふだん通り食べられることが前提」なんですね。

実際妊娠したら、つわりがひどくて料理はおろか、食べ物の匂いを嗅いだだけで吐き気を催したり立てなくなったり死にたくなったりするわけです。

そんな状況では、「ふだんの食事で鉄分は取れるから」なんて悠長なこと言ってられないわけですよ。

だから、妊娠中は通常以上の成分を詰め込んだ無臭の葉酸サプリメントが活躍するわけです。

だから、妊娠後もベジママを飲み続けるのはおすすめしません。

あくまで、妊娠したい方を応援する妊活サプリがベジママなんだ、と考えて、購入を検討してみてくださいね( ´∀`)bグッ!

ベジママの添加物は安全な成分ですか?無添加じゃないと不安で・・・

まず、ベジママは無添加ではありません。

化粧品だったら無添加でも良いものが作れますが、食品ともなると、むしろ飲みやすさの面で添加物が必要になってきます。ベジママに限らず。

じゃあそのベジママに入ってる添加物は何なの?といいますと、

  1. 結晶セルロース
  2. ステアリン酸Ca(カルシウム)

この2つだけです。

カンタンにそれぞれどんな成分なのかお伝えしていきましょう!

結晶セルロースについて

錠剤の結合剤、崩壊剤としても優れた機能を発揮する。

シロップの懸濁化剤としても用いられる。

医薬品以外に、乳化安定剤として化粧品、乳製品などの食品、その他工業用にも広く用いられている。

引用元:公益社団法人 日本薬学会「結晶セルロース」

 

つまりは、各成分をカチッと固めて、錠剤の粒の形にするコーティングの役割をしてくれるんですね。

でもコーティングなんて聞くと、体内に入れていいの?と思いますが、

 

結晶セルロースの摂取がヒトへの毒性を示唆するとの証拠はない

引用元:日本医薬品添加剤協会 「和名 結晶セルロース JECFAの評価」

 

このように、結晶セルロースが何か副作用を招くといったデータはありませんので、ご安心下さい。

市販の食品としては、粉チーズなんかにもセルロースが含まれてるんですよ^^

 

ステアリン酸Caについて

ステアリン酸のアルカリ土類金属塩は水に対して溶解性が低い。

ステアリン酸カルシウムは粉体の流動性向上や固結防止剤として使用される。

同様に食品添加物として、滑剤、離型剤、増粘安定剤、固結防止剤あるいはフレーバー付与補助剤として使用される。

また医薬品の錠剤を形成する際の滑剤として日本薬局方にも収載されている。

引用元:Wikipedia「ステアリン酸カルシウム塩」

 

このように、結晶セルロースと同じく錠剤のコーティングの役割をしつつ、同時にベジママを水で飲んだ時に胃の中で溶けやすくしてくれるわけです。

消化吸収が早くなるので、消化器官に負担をかけないで済みますし、即効性も感じられるということですね( ´∀`)bグッ!

引用元:大正製薬-配合成分検索結果:「ステアリン酸Ca」

ちなみに、日本人なら誰もが知る大企業の大正製薬さんもステアリンCaを使った錠剤を販売しています。

このことからも、ベジママに含まれている添加物が実は安全なものだったということが分かり、安心していただけるのではないかと思います( ´∀`)bグッ!

ベジママに鉄分はどれくらい入っていますか?

ベジママに鉄分はほとんど入っていません。(この記事の最後に算出方法アリ)

ただ、「あえて」入れていない理由も、この記事でしっかりお伝えしていきますので、もうちょっとお付き合いくださいm(_ _)m

 

成人女性に1日に必要な鉄分量は?

【月経あり】

18~29(歳):10.5ミリグラム

30~49(歳):11. 0ミリグラム

引用元:厚生労働省「鉄の食事摂取基準(mg/ 日)」

 

ベジママの鉄分含有量は0.005ミリグラムなので、まぁぜんぜん足りないわけです。

10.5mgと0.005mgでは2100倍も差があるので><

ベジママが「あえて」鉄分を配合しなかった理由とは?

実は、鉄分は意外と身近な食事でとりやすいんですよ。

  • 油揚げ(4.2mg⇒1日に必要な40%
  • しじみ(5.3mg⇒1日に必要な50%
  • 卵の卵黄(6.0mg⇒1日に必要な57%
  • 納豆(3.3mg⇒1日に必要な31%

 

こんなふうに、身近な食事・料理を1日のうちに組み合わせて食べるだけで、カンタンに成人女性に必要な鉄分量はカバーできてしまいます。

 

特に、納豆・油揚げ・卵なんて朝食1回で摂れちゃいますよね(笑)

お味噌汁に入れる油揚げは量が少ないので、実際は1日に必要な鉄分量の40%もないでしょうが、納豆と卵を1食にふくめるだけで1日の約9割の鉄分摂取量がまかなえちゃうんです。

だったら、コストわざわざかけてサプリに入れる必要ある?ってベジママさんが開発途中に考えたのも理解できると思うんですよね。

 

ベジママは妊娠前の女性のためのサプリメントですから、必要以上の成分を配合することはしないのがポリシーです。

それによって成分の過剰摂取を防いだり、プライスダウンを実現してくれているんですよね。

 ただし妊娠後なら話は別で、ベジママをオススメできません

しっかり知りたい方のために、ベジママの鉄分含有量の算出方法

興味ない方は飛ばしてください(笑)

厳密には鉄分の含有量が書かれていませんが、ベジママの鉄分量を計る方法があります。

それはベジママに配合されているルイボスを使います。

ルイボスは

  1. 貧血予防
  2. 便秘

に役立つ嬉しい成分なのですが、ルイボス100グラムのうち、10ミリグラムは鉄分なんです。

ただし、単位がグラムとミリグラムで違うので分かりづらいですが、要はルイボスの1万分の1が鉄分だということで、かなり少量なんですね。

ベジママのルイボスの量は50ミリグラムなので、その1万分の1となると、鉄分の量は限りなく小さいです。

それでも、先ほどお伝えした通り、忙しい方でもサッと摂れる食事で十分鉄分は摂れるので問題ないわけです。

ベジママに亜鉛はどれくらい含まれていますか?

ベジママには亜鉛の含有量が書かれていませんが、実際にはほとんど摂れない、入っていないと考えてください。

ベジママに含まれる「ルイボス」という成分の中に亜鉛があるので、

「ベジママは亜鉛も取れて免疫力がつきますよー」

なんていう無責任なサイトが多いんですね。

でも実際、ルイボスそのものが50ミリグラムで、そのさらに約10万分の1弱が亜鉛なわけです。

一方で、成人女性が1日に取るべきと言われている亜鉛の量は8ミリグラムなので、とてもベジママに入っている微量の亜鉛では足りません。

ただし実際は、ふだんの食事でまかなえるのが亜鉛です。

  • 牛肉:どの部位でも4ミリグラム以上
  • カキ(牡蠣):13.2ミリグラム
  • ごま:5.9ミリグラム
  • 卵の卵黄:4.2ミリグラム
  • パルメザンチーズ:7.3ミリグラム
  • 煮干:7.2ミリグラム

このように、身近な食事でも、3食食べるうちに自然とまかなえるのが亜鉛なわけです。

妊娠中や授乳中は、血液が不足になりがちなので、プラス2~3ミリグラム多く取ると良いです。

その際はつわりなどでふだん通り食事を摂れないことも多いため、別途葉酸サプリなどが役立ちますが、妊活サプリメントとしては、亜鉛は不要な成分なんですね。

だから、妊娠する前に必要な成分だけが、ベジママには含まれているというわけです。