PCOSの中でもニキビが酷い方も、ビタミンEの含有量が多いベジママが良い

ベジママはビタミンEが8ミリグラムもあるので、ニキビ対策もセットで行えます!

※成人女性のビタミンE摂取量の目安は6ミリグラムなので、ベジママの方が2ミリグラムほど多い計算になります。

ただし他の食事でビタミンEをさらに摂ったとしても、「ビタミンE 過剰摂取」のラインは50ミリグラムなので、ぜんぜん問題ありませんのでご安心ください。

 

さてさて、PCOSに話を戻すと、ホルモンバランスが乱れてしまい、男性ホルモンの影響で皮膚が硬くなったり、ザラザラしたりするとニキビもできやすく。。。

毛穴が詰まっちゃいがちなんですよね。

でもベジママに含まれるビタミンEには、子宝力に加えて美肌力も備わっているんです。

 

ビタミンEの女性への働き

性ホルモンの生成や分泌の調整をする脳下垂体に働きかけ、ホルモンバランスを整えます。

その結果、子宮や胎盤の働きが活発になり、受精卵の着床をよくし、受胎率を高めたり、生理痛、生理不順などを改善する効果があります。

また、老化や生活習慣病の原因である活性酸素の増加を抑制する効果があるため、「若返りのビタミン」とも呼ばれています。

監修ドクター
吉井クリニック 院長
吉井友季子先生

 引用元:スキンケア大学-「子宝力」や「精力」を高めるビタミンEのすごい働き

 

ホルモンバランスを整えることで、妊活中の吹き出物や乾燥、肌のゴワつきをスッキリさせませんか?