ベジママは妊娠中には飲むな!授乳中にはGood!安全性も大丈夫

 ベジママの悪い口コミと総評の記事でもお伝えしましたが、ベジママは匂いと味が個性的。

あえて「個性的」と、まるで問題児の通信簿を書く小学校の先生みたいな表現をしてしまいましたが、決して全員がNGと答えたわけではないんですね。

無臭ではないぶん、匂いが気になってしまう方もいる、でも気にならない人もいる、そんなイメージです。

で。

妊娠中だと、日に日に体調が悪くなり、つわりの時などは料理中の匂いでさえアウトになる日が増えます。

だからマトモに食事を摂れないぶん、葉酸サプリなんかで栄養素をカバーするわけで。

よって、ベジママは、匂いに敏感な妊娠中はお薦めできないわけです。

ニオイが気にならないよーって方は良いとも思うんですが、ベジママにはもう1個弱点があるんですね。

それは、

  1. 鉄分
  2. 亜鉛
  3. カルシウム

この3つの成分が(ほとんど)含まれていないことです。

理由としては、ベジママは妊娠前に飲むことを前提としているので、ふだんの食事で問題なく摂取できる成分まで無理に詰め込まず、過剰摂取やコストアップをしないように配慮したからです。

「妊活サプリ」というだけありますよね。

実際コスパも高くなっているので、むしろありがたい配慮だと感じる女性が多いはずです。

亜鉛も鉄分もカルシウムも、身近な食材でまかなえますからね。

妊娠前であれば食事もマトモに摂れるわけです。

一方で授乳中はというと。
  1. 母乳の出が良くない
  2. 産後抜け毛が気になる
  3. 冷え性だ

こんな3つの母乳育児の悩みに人気なのが

  1. 葉酸
  2. ルイボス

の2つの成分です。

これはベジママに限らず人気なものなので、産後ママにルイボスティーが流行っていたり、葉酸サプリの服用を妊娠中から推奨されたりするんです。

母乳って血液から作られますよね?

 

だから、単に血液のもとになる鉄分をとるだけではダメなんです。

その血液の質を高めないといけません。

そこで葉酸をはじめ、ベジママのビタミン群を摂取することで、母乳の出や栄養価を高めることができます。

ベジママは母乳の質を高めて、母乳育児を強力サポートしてくれるんですねー。

また、産後抜け毛を予防するのに、ビタミン群やルイボスに含まれる亜鉛が活躍してくれます。

もちろん育毛サプリなど、髪の毛専門サプリほどの効果は期待できませんが、なにより優先すべき赤ちゃんのための母乳の質を高めつつ、ある程度は頭髪にも良い栄養を届けてあげたい。

そして少しでも抜け毛を防ぎたい。

そんな授乳ママのわがままを叶えてくれるのがベジママというわけです( ´∀`)bグッ!