ベジママに亜鉛はどれくらい含まれていますか?

ベジママには亜鉛の含有量が書かれていませんが、実際にはほとんど摂れない、入っていないと考えてください。

ベジママに含まれる「ルイボス」という成分の中に亜鉛があるので、

「ベジママは亜鉛も取れて免疫力がつきますよー」

なんていう無責任なサイトが多いんですね。

でも実際、ルイボスそのものが50ミリグラムで、そのさらに約10万分の1弱が亜鉛なわけです。

一方で、成人女性が1日に取るべきと言われている亜鉛の量は8ミリグラムなので、とてもベジママに入っている微量の亜鉛では足りません。

ただし実際は、ふだんの食事でまかなえるのが亜鉛です。

  • 牛肉:どの部位でも4ミリグラム以上
  • カキ(牡蠣):13.2ミリグラム
  • ごま:5.9ミリグラム
  • 卵の卵黄:4.2ミリグラム
  • パルメザンチーズ:7.3ミリグラム
  • 煮干:7.2ミリグラム

このように、身近な食事でも、3食食べるうちに自然とまかなえるのが亜鉛なわけです。

妊娠中や授乳中は、血液が不足になりがちなので、プラス2~3ミリグラム多く取ると良いです。

その際はつわりなどでふだん通り食事を摂れないことも多いため、別途葉酸サプリなどが役立ちますが、妊活サプリメントとしては、亜鉛は不要な成分なんですね。

だから、妊娠する前に必要な成分だけが、ベジママには含まれているというわけです。