ベジママは合成葉酸だと聞いて、天然葉酸の方が良いのかと不安です。

いえいえ、厚生労働省が推奨しているのは「合成」葉酸の方なんですよ!

なんで国が合成葉酸をプッシュしてるのかというと、奇形児の発生率を抑えてくれるからなんですね。

ベジママに含まれている合成葉酸の正式名称は「モノグルタミン酸型葉酸」という、人工的に作られた葉酸です。

人工的に、というと、「化合物」みたいなイヤ~なイメージが付きまといがち。

でも実際は、公式サイトにも書かれているとおり、

 

むしろ化学合成品は物質の分子構造を再現しているので、天然由来品よりも純粋と言えます。

私共は天然由来品か化学合成品かの判断ではなく、その成分が本当に安全であるかを基準にしております。

引用元:公式サイト

 

衛生環境を徹底した工場・規格で製造された方が、へたにオーガニックにこだわるよりも成分の安全性が保証されるというわけです。

また、自社でマニュアル化して製造をはかるため、コストダウンにもつながり、結果的に私たち消費者の手の届きやすい商品づくりにつながるということなんです。